山の麓で!〜At the foot of the mountain!〜

山岳エンターテイナーのつぶやき

MENU

OMMに出よう!〜藪漕ぎのススメ〜

みなさんこんにちは!

山岳エンターテイナーのやまちゃんです!

先日、OMM JAPAN2020に参戦しましたので、そのお話をしたいと思います。

f:id:yamanoid:20201111164829j:image

まず「OMM」とは

テントや食料などの荷物を全て担ぎ、二日間に渡って、広大な自然フィールドで地図に示されたポイントを巡るというオリエンテーリング形式のレース。
歩荷・登坂力だけでなく、地図を正確に読む能力のほか、ギア選びや荷物のパッキング能力まで全ての「選択」が結果に直通するまさに山屋の力試し大会である。

f:id:yamanoid:20201111164909j:image

僕自身は、OMMのことを

「山岳大運動会」

と呼んでいます!

山の総合格闘技でもありますねw

 

そしてOMMは、部門が分かれています。

 

→①ストレートの部
決められた順番にチェックポイントを巡る。
よりスピードを求められるが、
勢いのあまりCPを見逃す恐れがあるので、
慎重さも必要。

制限時間内に全てのCPを取らないといけないので、サボれないよ!

 

→②スコアの部
好きな順番に行きたいCPを巡る。
自由度は高いが、計画性が求められる。
適当に進めば、どツボにハマって
抜けられなくなる可能性大。

潔く捨てる選択をしないと、沼にハマるよ!

f:id:yamanoid:20201111164930j:image

そして知らない方もいるかもしれないので、OMMの代名詞→「藪漕ぎ」について説明しときます!

「藪漕ぎ」とは

進路を阻む笹、枝や蔦などの藪を、オールを漕ぐように両手で掻き分けながら、道なき道を進むことから、そう呼ぶ。(自分説)
大抵、最初は丁寧に藪を両手で払い除けながら、跳ね返りやつまずきに注意して進むが、終盤になると、あきらめの境地から
体に絡みつく藪へ、顔面から突っ込み、家に持ち帰る勢いで力任せに引きずるようになる。

OMMとは、藪漕ぎとの壮絶なバトルなのです。

f:id:yamanoid:20201111165002j:image
f:id:yamanoid:20201111165006j:image

 

2年連続同じバディで、ストレート部門に出場
昨年は、難易度の低めなBコースで
失格という挫折を味わうも
今年はAコースで苦戦しながら
無事に完走できました(*´∇`*)

自分の今の実力と感覚を確かめるための二日間でしたので、結果はあまり気にしてませんし、大したことありませんw

f:id:yamanoid:20201111165028j:image

【OMM装備品のお話】

👉コンパス

つべこべ言わずにコンパスを出せ!

信じられるものはコンパスのみ!

コンパスの声を聞け!

ってぐらい、キーアイテムです。

 

実際、コンパスをろくすっぽ見ないCPは、ことごとくロストしました。

反面、逐一コンパスで進路を確認したCPは、ほぼ読み通り取れました。

これがOMMのすべてです❗️

事例↓↓↓

北に向かって尾根を降りたらええんやな😎よしっ!って、真っ直ぐ尾根を伝ってるつもりが、そのうち微妙に尾根が分かれていることに気が付かず、東に降りていた。真っ直ぐ歩いてるつもりだった。。。

が、一番危険です。

なので、方角はこまめに確認すべきですね。これぞ学び。

コンパスなくても方角とか進路が判るという人も稀に居ますが、自分の場合は、感覚なんてあてにならないことが分かりましたw

f:id:yamanoid:20201111165105j:image

👉ウェア

今回のフィールド、「野沢温泉」の奥に広がる広大な山中は、

とにかく「藪が強め」!

漕いでも漕いでも跳ね返る!

藪のビンタスネバット!どこから跳ね返ってきたのっていうケツバットまでw

足が滑って、ズボンに藪が突き刺さり、お気にのTNFに穴が開きました🕳

チッキショーーッ😭

f:id:yamanoid:20201111165145j:image

中には、おニューのレインウェアを引き裂かれた残念なプレイヤーも居ましたし、半袖短パンだったバディは、スネがズタボロでした。

なので、OMM出たいと思ってる人へ忠告↓

おニューや、お気に入りののウェアは着てくるな!絶対に( *`ω´)

捨てても惜しくない「二軍」で来い!

もう一度言う!お洒落はいらん!

二軍で来い!

ちなみに今回は、雨にも降られ、泥にもハマり、靴もドロッドロ👞

靴下を洗っても洗っても、沸いて出てくる泥に、放心状態。

f:id:yamanoid:20201111165215j:image

👉食料

軽いもの(アルファ米ラーメン)が主流になると思います。

OMMは、二日間に渡るので、一日目が終わればキャンプサイトにピットインします。

そこではしばしば、自ら持ち寄った贅沢品で、宴会が行われるのが風物詩です。

酒や肉、米を炊く人なども居ますし、それらを全部担いで来ます( ̄∀ ̄)

f:id:yamanoid:20201111165245j:image
f:id:yamanoid:20201111165242j:image

僕のバディは、鹿肉やらの燻製を持参し、お酒も小カップ3,4本持ってきてました。

めちゃくちゃ美味かったす(*゚∀゚*)

f:id:yamanoid:20201111165306j:image

僕は焼き鳥缶をツマミに持っていきました。

こういう楽しみ方もあるのが、OMMの醍醐味でもあります。

OMMといえば、ULTRA LUNCHの

ビバークレーションですが、

せっかく買ったのに、腹減りすぎて、前日の晩に食べちゃいましたw

めちゃくちゃ美味しかったです⭐️

みなさんもぜひ、お試しあれ!

f:id:yamanoid:20201111215446j:image

OMMあるある?

不思議なのは、持って来たものをたらふく食べたのに、2日目に全然荷物が軽くなってない。。。みたいな現象があるんですが、アレなんなんでしょ。

 

【CPの探し方】

基本的に地図に記されたのど真ん中にあります。。。

どこまでもどこまでも、果てしない藪を漕いでもCPが見つからないってときは、場所間違えてる可能性がありますので、

引き返しましょう!

「もうちょっとだけ進んで様子見てくる」をやると、いらん藪をめちゃくちゃ漕ぐことになりますし、ドツボにハマりますよ。

そんな貴方に贈ります。

そんなに藪が好きか?どこまで漕ぐのか
そんなところにCPがあるはずないだろ。
さっさと戻ってコンパス出せ。
「たぶんこっち」じゃない!

コンパスを出せ。もう一度言う!

コンパスを出せ!

そう、前述のとおり、

コンパスこそすべて❗️

f:id:yamanoid:20201111165344j:image

 

ちなみにですが、OMMでは、違うペア同士、仲が良かろうが、知り合いだろうがなかろうが、「CPあった?」とか聞かないし、教えないし、教え合わないです!

→それがOMMでの優しさ!

なので、同じ部門であろうペアが、CPを見逃していたり、明らかに違う方向に進んでいたら、心の中で(しめしめ❤︎)と思いながら、見送ってあげましょう!笑

逆に、自分がミスルートしてるとき、しめしめと思われてますよ❗️お互い様なんです!

f:id:yamanoid:20201111175002j:image

↑普段は仲良しの友達・山猿家

このときばかりは、しめしめしめしめ!

お互い山中で出し抜きあってました!笑

f:id:yamanoid:20201111175218j:image

おニューのレインが破れた可哀想な人です。

 

【バディのお話】

2年連続でバディを組んだ

スカイランナー 通称:ミッツ

f:id:yamanoid:20201111165501j:image

長野県のとある村で桜農家を営む彼は、木々を愛し、自然を愛でる

ネイチャーファイター!

その生業から独自の視点を持ち、スカイランニングで鍛えたタフなトレイルワークでガンガン引っ張ってくれる。

学ぶこともあり、とても助けられた。

f:id:yamanoid:20201111165534j:image

そんな彼が「テント場でやるんだ」と、DSを持ってきたことを明かしてくれました。
おそらく彼だけでしょう。
OMMにニンテンドーを持ち込んだ人間は。

もしかすると、Switchなら居るかも。
と思いましたが、絶対居ない。

修学旅行でさえ、DS持って来たら怒られるのに、OMMに持ってくるなんて。

しかも何のソフトか聞いたら

「ドラクエ」

えっ?いやいや!昼間、散々リアルドラクエやって、冒険してきたのに、明日もまたリアルドラクエやのに、まだ冒険欲しがるの?

f:id:yamanoid:20201111165428j:image

楽しませてくれますね相棒。

みなさん、もう一度言っときますね。

よりスピードの求められるストレート部門。
いかにして軽量化するか悩む装備品リストに、
任天堂の文字はない(´ω`)

 

しかしながら、すべては自己の選択による展開を求められるレース。こうした自由な発想と「選択」こそがOMMのすべてなのである。


ちなみに彼は、テント場で
YouTube見てました。

DSとは。。。
ネイチャーファイターとは(゚ω゚)。。。


来年は時期的な事情もあり、バディを組めないので、ニューバディ募集中
新たなバディには「DSはいらない」と伝えようと思います。。

 

とにかく、山が好きなみなさん

OMMに出よう!

そして藪を漕ごう!

藪を愛し、藪に愛されれば、山岳スキルアップ間違いなし!


f:id:yamanoid:20201111165621j:image

→最後に

開催に尽力頂いた関係者、
スタッフ、ボランティアの皆様
とても楽しい大会でした。
本当にありがとうございました。

f:id:yamanoid:20201111165626j:image

↑ボランティアしてくれた友達・ムズムズ

おつかれさまでした!

 

 

OMMよ!また来年!

 

see you next YABU‼️