山の麓で!〜At the foot of the mountain!〜

山岳エンターテイナーのつぶやき

MENU

僕が35歳でスキーを始めた理由

スポンサーリンク

僕は35歳になった昨年の冬

初めてスキー板を履きました。 

比較的温暖な土地で育ち、これまでウィンタースポーツに全く興味のなかった僕が、35歳でスキーを始めたお話です。

f:id:yamanoid:20210122231406j:image

スキーを始めた理由

厳冬期登山で感じた限界

ここ数年、本格的な厳冬期登山をやり始め、ラッセルを覚えた僕は、体力に任せて道なき道を歩いていましたが、魅力のある冬の絶景を求めて進めば進むほど、深く分厚い雪の壁に阻まれ、撤退を余儀なくされることも増えてきました。

これは、アラインゲンガー(単独行者)の宿命でもありますが(アラインゲンガー言いたいだけ)、単なる冬山装備の浮力では太刀打ちできない山があるってことが、やればやるほど身に染みて来たのです。

f:id:yamanoid:20210122233609j:image

BCスキーヤーたちとの出会い

本格的に冬山を始めるまで、身近に居なかった存在、それが

BCスキーヤーです。

これまでは、関西に長く住んでいたこともあり、スキーヤーと触れ合う機会も、あまりありませんでした。

今の会社の同僚や、移住して知り合った友達や知人は、ほとんどと言っていいほど、

滑れます!!!

 

特に富山は、スキー学習など、子供の頃からスキーに触れるということが、マストなイベントでもあるので、みなさん何かしら滑れます。

うらやましか:(;゙゚'ω゚'):

 

そして昨年、会社の同僚と乗鞍岳に雪洞泊しに行った際、その同僚が下山時、スキーで楽しそうに颯爽と降りていく背中を、スノーシューで追いかけたとき、僕は心の底から

これはアカン!

と思ったことは、まだ記憶に新しいです。

f:id:yamanoid:20210122233635j:image

可能性を広げる「乗り物」

スノーシューとスキーの機動力の違いを見せつけられ、これはアカン!と思う反面、

スキーやべー!くそ早ぇー!

と思ったのも事実です。

何時間もかけて登り上げてきた山を、一瞬で降りられる。

つまり、下山の行程が驚くほど短縮できる。

それだけではないんです。

スキー板に、シールといういわゆる滑り止めのようなものを貼れば、スキーを履いたまま斜面を登ることができるのです。

考えた人は天才なの?

これ、裏に滑らんようなやつ貼ったら、履いたまま登れるんちゃう?

って発想がもう秀逸。

これまで気の遠くなるような行程を、夜明け前から日が落ちるまで、せっせと歩き続けた努力や根性はなんてものは、スキーの機動力で容易く解決できることを知ったのです。

f:id:yamanoid:20210122233656j:image

スキーを始めたい大人に告ぐ

恥ずかしがらずに教わろう

とは言うものの、板も履いたことない、いやブーツにすら足を通したことない。

び、びんでぃんぐ?か、かいほーち?

なにそれ?おいちーの?( ˙-˙ )

状態の僕は、ゼロから教わらないといけないのですが、変なプライドや意地は捨てて、職場の同僚や知人に、手取り足取り、ブーツの履き方から教わることにしました。

f:id:yamanoid:20210122233709j:image

普段、アホみたい走ったり、アホみたいな行程で山に登って、体幹モンスターとか、体力おばけなんて言われて調子乗ってた僕が、囚われたエイリアンのように、ヨチヨチと両手を抱えられブーツを履き、板に乗る姿にパートのお姉様方たちの腹筋は、まさに崩壊寸前でした。

でも、そうやってみんなが温かく手を差し伸べてくれて、僕はゲレンデに立つことができました。

f:id:yamanoid:20210122233720j:image

上手くなりたきゃ道具を買おう

レンタルや他人のものを使ってたら、いつまで経ってもうまくならない。自分の道具を買おう。まずはそこから。

最初に言われたことです。

その通りだと思いました。

でも、最初っから、ワケわかんないまま、たっかいたっかい道具買わなくてもいいと思います。

板とビンディングとブーツのお買い得セットみたいな、セール品でも良いので、セットの物を買えば良いと思います。僕もそうしました。

基本をマスターして、板やブーツの良し悪しが分かるようになれば、そのときにアップグレードしたら良いかなと思っています。

f:id:yamanoid:20210122233834j:image

つべこべ言わずゲレンデに行け

自分に滑れるのかなぁ、怖いなぁ不安だなぁ。どうやってリフトとか乗るんだろ。ちゃんと履けるかなぁ。

って、めちゃくちゃ不安になって、尻込みしちゃいそうですけど、何も考えず、ゲレンデに連れてってもらいましょう。

うだうだ悩んでる時間はもったいない。

時間は待ってくれないんです。

なので、思い立ったらすぐ実行しましょう。

これは僕がスキー以外でも実践していることです。

悩んでる時間は、本当にモッタイナイ!

f:id:yamanoid:20210122233945j:image

f:id:yamanoid:20210122233925j:image

バックカントリースキーは危険?

自然を相手にするアクティビティは、大なり小なり危険が伴います。BCスキーも然りですが、普通の登山だって、トレランだって、変わりありません。

僕は、冬山における安全性を高めるため、スキーを始めました。

 

どういうこと?>>>

コロコロ変わる気象条件の中に、長時間身を晒すことは、リスクを増やします。

有効な移動手段で、サッサと登ってサッサと降りれる方が、より安全だと思うのです。

BCスキーをやるために冬山に登るわけではなく、あくまで冬山の移動手段として有効なので、技術を習得しようと思っています。

そして、やるからには「自分、冬は板、履いてます」って堂々と人様に誇れるぐらい、しっかりとした技術を身に付けたいです。

 

こんな感じで始めたスキーですが、素人なりの感想として、

めちゃくちゃ楽しいです。

 

シンプルなのに、難しい。

単純なのに、奥が深い。

ハマる要素満載ですよね?

 

この歳から、何かを極めるって大変かもしれないけど、やって出来ないことはない!

バッジ取りに行きます!

 

see you next mountain!